2018年1月29日月曜日

ラジコン飛行機 プレーリー号

16:54


アムマックスのお店鎌倉で長く長く 冷蔵庫の上に置いてあったバラバラの羽と胴体・・ラジコン飛行機ど知る人は少なかったようですが・・・ ようやく形になって参りました。実に作り上げるのに時間がかかるのがこのラジコン飛行機… なんとも男性の趣味の代名詞のようなラジコンですが・・・

昔は空き地さえあればラジコン飛行機が空を飛んでいたような・・・ 憧れでした~
しかしお金のない学生にはそういった贅沢もままならず 手を出したのがUコンと言うなんとも原始的な模型・・・ ラジコンを横目で見つつ いつかはラジコンと思っていつの間にかそれさえ触れないくらいの年齢に突入・・・?? しかしUコンと言えども馬鹿にしてはいけません実に面白い。 ライヤーを飛行機に付けて遠心力で飛行機を飛ばすというものですが 人がくるくると一つの場所で回って飛行機が10-20M先を円形に飛ぶというものです。いやいつかこれもまた やってみたい。

昔は フライトマックスの燃料 そして エンヤ―のエンジン その他にもFUJIとか OSとか言うエンジンがありましたね・・・ OSは高価でしたがそれほど性能はよくなかったけど ENYAはさいこうでしたね FUJIは低価格でしたけど癖があったり・・・

しかし最近はパーツや 昔のエンジンなどなく OSさんぐらいがガソリンエンジンを主流にマニアの間でご商売なされていて・・・ ENYAも入間市でやっておられるようですがエンヤ好きとしては是非とももっと色々だしてもらいたい。

しかしお金のかかる趣味です・・・? いやどうですかねゴルフやテニス カラオケに比べてそれでも安かったりするんでしょうか?

またラジコンを飛ばせる日を夢見て・・・・

ロンパー重ム

2018年1月28日日曜日

何か違う

16:39

実際、ビジネスではマーケティングが必要でより多くの方々に利用してもらいたい 又は購入してもらいたいのだから全ての人々に【なるほどね】共感なんてそんな話題をブログなどで提供するのが一般的なのかもしれませんが・・・ 弊社みたいな零細企業であれば【変わり者の集団か】なんて思われてもまあ良いか?なんて調子で軽く・・・ 

先日テレビのクイズ番組が目の前で流れていて・・・ 
司会者が今日はなんと 正解者にはカニシャブを食べて頂きます。会場は“え~いいな~”の
声で・・・ そして鍋が出てきて そしてその次に生きているカ二。カニがアップになり
会場から「美味しそう」・・・ なんてこと無いシーンなのかもしれません。

でも私たちの目の前に映し出されたカニは口から泡を吹いて 苦しんでいるんです。恐怖に怯えて・・・ なに言ってんの心が優しいふりしてなんてコメントもあるかもしれませんね。でも心が優しい優しくないとかそんな事でなく 目の前のカニは危機を感じてもう死に物狂いで防衛しているんです。そうではないでしょうか???? 本当に私達人類は強者でいる事をいいことにここまで趣味が悪い方向に進んでいるかなんて・・・釣りも楽しいなんて 言う方がいますがハリにかかった魚は進化の過程で生き残ろうと全力で体をよじらせているのに【実に綺麗】なんて・・・

少しでも私たちも無知の錯覚から冷める事が多い事を望んで取り組んでおります。 





 

2018年1月26日金曜日

防寒帽子 ホットシェル

15:59

関東地方に限らず 全国的に今年一番の冷え込み!本当に寒い日が続きます。雪かきなど毎日忙しいと言う方も少なくはない時期です。

最近は実にユニークな防寒帽子を目にします。実は Green in a bottle のロシア帽子スタイルのホットシェルは販売から25年以上。何一つとして形を変えておりません。今年はベーシックな25年前の色に立ち戻り 本当の防寒帽子をご提供しています。

最近は本当に多くのこの形の帽子を目にします。ほんの5年前までは 私どもの販売するホットシェルだけでしが・・・・ でも ほとんど同じものはなく ほとんどがナイロン素材そして なんといっても天然のウサギ毛皮を使用しているブランドはなく・・・

なんだ 偽物ばっかりとガッカリしてしまいます。

重ね着数枚に匹敵する暖かさが売りなのですが 本当にこれを被って運動はちょっとと言うくらい 実に暖かい 数十分被っても汗ばむほど・・・ そのくらい抜群の保温性がある帽子ですから リピーターの方がほとんどです。

是非とも今年の冬もホットシェルで乗り切って頂きたい。

詳しくは 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/ammax/ea12a0ab55a.html


グリーンインアボトル ホットシェルは 防寒帽子の王様です。

2018年1月16日火曜日

パナマハット 豆知識

16:20


オパール 真珠など自然からの恵みを受けて人間装飾品にしているものが多いですよね。
収穫や製造が限られる分野の世界でやはり良いグレードの物を手にするのはビジネスの世界ではそう容易い事ではないのです。 どのグレードの商品を手に出来るかは数量が限られた業界では実際に存在する世界です。俗に言う入札順位みたいなものです。

実際パナマハットでも勿論 良し悪しの選別があるのですから良い品物を扱う業者と悪い品物を扱う業者が存在します。

*************************************

先日弊社スタッフが年米から2018年の輸入に際し帰国しました。片道30時間のフライトと言う南米エクアドルはパナマハットの聖地として世界的に有名です。写真はパナマの広大な原野に踏み入れる入口のまた入口・・・ パナマ草(トキア草)はパナマハットの製作の原料として知られているプラントです。世界広しともこのエリアにしか生えないパナマ草 トキア・・・

宇宙進出が進んでいる今でありますが 実際地球上の素材にヒントを得て最先端の技術が見出されているのが現状。 世界で最も快適な帽子・・・・ そんなパナマ帽子に焦点を当てて 数回ブログで パナマハットを紹介します。

知れば知るほど パナマハットが好きになる。 そして本物のパナマが手にしてみてください。



Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ