2017年3月30日木曜日

パナマ帽子

ようやく最近春めいてきました。本当は一番いい時期なのに
憂鬱な 花粉症に苦しんでいる人も少なくないのでは??
桜 そして生命の息吹を是非とも満喫してください。

   どこまでも自由なパナマ帽子

今回はアムマックスが20年以上輸入をしているパナマ帽子について・・
ちょっとご紹介 今までで最もパナマ帽子の扱い量が多いとも言われて
いる 弊社は 現地のパナマハットの目利き人と家族ぐるみで お付き合い
させて頂いている程 とっても近い関係です。

今日はそんなパナマハットについて一点!!!
パナマハットの製品は【ライン】での生産ではないという点です。
ラインと聞くと車の生産ライン アパレルの生産ラインが思い浮かぶ
かもしれません。アメリカ人が考案した生産システムで 俗に言う
流れさ作業です。 一つの向上に人間を集めてそして 各パート パート
を 特定の人間が工程をこなし 次の人間がまた違う工程を受け持つ
と言ったところで・・・、 工場地域が最終的には生まれる訳です。

しかし パナマの聖地エクアドルの人々は 極端にこのような社会の
流れを嫌います。その理由は 【家族を大切にする】と言う事のようです。
家族から離れて わざわざお金に管理するのを嫌い 自らの土地を
はなれない。 ですので 一つ一つのパナマ帽子は 全て通常の
課程 もしくは 工房で作られます。そして 一カ所に集められて
グレードをきめて 型を付けていくわけです。

アムマックスは 目利きによって より洗練されたパナマ帽子を
手にすることが出来る訳です。 

自信がある・・・ だから 20年間販売していける。
2017年のアムマックスのパナマハットに是非ともご注目ください!
















0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ