2015年1月30日金曜日

昭和の遊び(2)

記 : イクラ


「釣り」ですか~。私も好きですよ! 海の「釣り」 ♪
海水浴しながらの「釣り」。 欲張りですが、さり気なく出来るのが好き

碧い海と青い空。
開放感たっぷりのもとで餌とおもりを付けた竿を思い切り投げてしばらく待つ
「海のお魚」 VS 「砂浜のわたし」 な~んて絵を勝手に描いて、釣れる瞬間を想像しながら待つ

釣れても釣れなくても愉しい♪ そこには「仲間と自然を共有している」というだけで十分満足
だったのかもしれないな~・・・ wakaさんの気持ち良くわかります ^^


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


「昭和の遊び」  

やっぱり、放課後の 「遊び場道路」かな~?
目を閉じるとあの頃の事がはっきりと思い出せる、とっても良い想い出



こ~んなお洒落な標識は無かったけど
道路の端と端の2箇所に 「遊び場道路」と書かれた車両進入禁止のような看板が置かれていて

時間限定で車も通らず、子供たちが自由に遊べるところ(道路)
今の時代は色々と問題視されているらしい 「遊び場道路」だけど、ここに行けば友達もいるし、

違う学校のお友達も出来て、学年は関係なく皆で遊べる毎日の生活の一部だった
始めて逢った友達も、喧嘩をしてしまった友達も、最後には一緒にドッジボールをしたりして

自然に仲良くなれてて、ちゃんと子供が子供だった気がする

コンピューターゲームなんか無くて、家にもコンピューターなんてのも そもそも無くて
外灯が点く前に家に帰らないといけないルールなんかも知らない間に出来ていた

ボールがお庭に入っちゃったときは大きな声を出して
「ボール取らせてください」 なんて口を揃えて言って、皆で謝りながら取らせてもらったり

近所にどんなお爺ちゃんが住んでいるかが良くわかっていたな~

今の子供たちも知ってるかなぁ
石蹴り・中あて・かかし・壁あて野球(?)・ゴムとびの男とび&女とび (笑)


妖怪ウォッチは良く知らないけど、上の(↑)遊びはよ~く知ってるよ ^-^

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ