2015年10月1日木曜日

ピッ ポッ パッ の響き |昭和の ぴっ ぽっ ぱっ



   「ピッ ポッ パッ」


池田の家 プッシュホーンだってヨ ! エッ 放課後見に行こうぜ・・・  電話にボタンが付いていて なんでも 「ピッ ポッ パッ」って鳴るんだってヨ・・・ 嘘だろ~ なんて・・・ 耳に当ててボタンを押すと 本当に鳴るじゃん スゲ~じゃん なんで・・・・ 

今の子供達に言っても この驚きは恐らく理解出来ない??? タブレットが腕時計になった なんてレベルの驚きじゃない・・・ 相手はプッシュホーンだ!!! チョット クリームがかった黒電話のボディーに 白い 飛び出たボタンが付いてるんだから驚き。
本当にあるんじゃん ボタンが付いた電話!

そんな 時代でしたから・・・ 
勿論 今の携帯電話なんて007の世界ですね・・・ 下敷きを長方形に切って 鉛筆付けて 「ハイ」なんて 本当に言ってたんです 私・・・ きっと僕だけじゃない 今だから 1人1台の電話の時代だけど 各家に1台あるかないかの時代ですから・・・



世の中の お爺ちゃん(その頃のおじさん) 無言電話の 20件?位??? の犯人は 私です。スミマセン!!!!  だって怖かったんですから 電話するのが もう心臓が止まるか止まらないかのところで 低い声で「もしもし」なんて あ~ 嫌だ 言葉がでない・・・ 終わった・・・ 当分 終わった(時効は3週間)・・・・ 好意がある子の家に電話するですね。時には家から1人で 時には公衆電話に3-4人入って 静かに あの電話の呼び出し音を聞くんです。 


今の子達に言わせれば 「さゆりさんいますか」でいいじゃない って言うかもしれませんが・・・・そりゃー 私だって 何度と無く 正当な手段で トライしましたよ でも 「何の用だ」 エッ 何の用と言われても まさか お嬢さんが好きですとも言えないし・・・ 言ったら最後 お前 今から殺しに行くとか言われちゃうでしょ・・・きっと! その位お父さん怖かった 勿論オッサンなんて言葉は無かった・・・ 

でも お母さんがでると テストで20点の気分ですね。チョット待ってネ なんてつきなみに言われて 戻ってきて なんか親戚と遊びに言っちゃったみたい なんて・・・ その次に電話すると 今度はその半分の10点の気分 今度はお風呂に入ってるみたいって・・・ 「ハイ もう 10点で十分です・・・」 一桁はプライドが許さない。

あ~ 昭和の電話 なんて 切ない響きだ! ピッ ポッ パッ は何処までも 一桁のテストに 近い響き


ロンパージューム



0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ